高校野球とコイノボリ食堂 ~何が起こるかわからない~

今日のセンバツ高校野球見ましたか??

2試合とも、手に汗握る試合でしたね。

自分も高校時代は、野球しかしていませんでした。

朝から晩まで野球生活。

でもその頃は、野球が好きで、好きで、苦じゃなかった。

『どうやったらうまくなるんだろう??』

『どうやったら打てるんだろう??』

『どうやったら遠くに投げれるんだろう??』

常に『どうやったら〇〇〇なんだろう??』

常に考えながら、野球に励んでいました。

その結果、試合に出れたり、甲子園に出れたりと、結果が付いてくる。

今日試合をした四校とも、それの積み重ねで、センバツに出れ、ベスト4まで来たんだと思います。

そんな高校生を見て、懐かしく思うし、たくさんの勇気や希望をもらえます!

今現在、コイノボリ食堂を始めて2年半。

毎日無意識に、『どうやったらコイノボリ食堂にお客さんが来てくれるんだろう??』

『どうやったらおいしいカレーが作れるんだろう??』

などなど、頭の中は常にフル回転しています。

出店で仕込みに追われて、寝る時間が遅くなっても、苦じゃないし、むしろ有難い気持ちになりますし、なんか高校時代と今がリンクしてます。

甲子園で必死に野球をしている姿は、見ている側に大きな感動を与えてくれます。

頑張っているからこそ、必死でやっているからこそ、感動を与えれるのであって、これは仕事しているすべての人に言えること。

必死こいて、がんばって、お客さんのために、頭使って、体使って動いてれば、きっとお客さんに、伝わる。

感動してもらえる。

仕事は、感動を与えれるか!ってことが、重要だと思ってます。

自分もこんなことを言いながらも、まだまだ修行中。

もっとやらなければいけませんね!!汗

また高校野球の話に戻りますが、今日の二試合とも延長までもつれ、ドキドキした試合。

もう終わりやな~

って思っていたら、同点、そして逆転!?

何が起こるかわかりません!!

最後まであきらめず、チームメイトを信じ、監督を信じ、今までやってきたことを信じ続けたチームが、勝つ。

どんな状況でも、ひっくり返すことができる。

これも仕事でも言えること。

やるだけやって、自分を信じ、チャレンジし続ける。

そうすることで、何かが見えてくる。

コイノボリ食堂も、インド、ネパールから帰ってきてから、なんでかわかりませんが、お客さんが増えている。

なんで??

なんで??

って考えても、わからない。。。(笑)

一つ言えることは、この二年半必死にやってきたってこと。

郊外の辺鄙な場所だからこそ、人一倍がんばるし、動き続けた結果が、少しづつ実り始めたのかなって思ってます。

でも、これに満足することなく、もっともっと動かなければ!!!

石川県のかほく市。

その中でもわかりづらい場所にあるコイノボリ食堂。

それでも、カレーで、食で世界を変えようと思ってます!!

あほじゃない!!

馬鹿じゃない!!

そんな風に思われるかもしれないけど、本気でおもってます!

こんな自分でも、できる!!

高校野球で大逆転を起こすように、自分は人生の大逆転を起こします!!

高校野球は、素晴らしい!!

あと残すところ決勝のみ!!

智辯和歌山か大阪桐蔭か、どちらが勝つか目が離せない!!

そして、コイノボリ食堂からも目が離せません(笑)